イメージ画像

メル友の良さ

メル友なんて、いらないとか、メル友なんているの?なんて聞いてくる人も多いと思います。
リアルに友達がいればメル友なんて必要ない、そんな風に考えているようです。

それは半分は正解で半分は不正解です。
リア友との関係が充実していて、何も不満がなければ別にメル友なんて必要ありません。
しかし、人と人との関係…たまには仲たがいをしてしまったり喧嘩をしてしまったり、色々と付き合い関係に悩みも出てくると思います。

そもそも、リアルの友達と言ったって偶然に同じ学校になったり同じ職場になっただけの関係にすぎないのです。貴方が選んだ友人ではなく「たまたま知り合った人」というくくりなのです。

もしも、リアルの友達と喧嘩をしてしまったとします。
周りの友人にその事をグチったら喧嘩をしている本人にその話が伝わってしまった…なんて話よく聞きますよね。
たとえグチを聞いた友人が黙っていたとしても周りで一体誰が聞いているかなんてわかりません。

そんな時にメル友です。
メル友がいれば、まわりのリア友に聞かれることはまず無いし、第三者的な冷静な意見も聞くことができます。

リアルな友人関係では感じることのできない違った信頼関係がそこには結ばれるはずです。

相手と距離を縮めるに趣味は大切なんです


出会いでも趣味というのは2人の関係で大きなウェイトを占めていると思っています。それに趣味の出会いというのは長持ちする関係ではないでしょうか。

趣味が合わなかったときのお互いの関係って結構ストレスになったりしませんか?

せっかく天気の良い日に釣りへ行こうかと思ったら、相手から映画を見に行こうと誘われる。自分の趣味を優先したいけどそうも行かずに……。
とかこれの逆もまた然り。休みが増えればそういうストレスを感じなくて済みますが、そういうわけにも行きません。

それがせっかくの休日だったりすると、もうこれだけでストレスになります。
いくら外見が好みであっても、出会いというのは見た目だけでは上手くは行かないものなのだと、私も最近知りました。

やはり見た目以上に、相性というのは大切です。
付き合ってから分かる相手の事って沢山あるじゃないですか、それですよ。
それは付き合う年月が経てば経つほど増えていきます。
それがマイナス面だったりしますしプラス面だったり、そこは相手次第ですよね。

同じ趣味なら別にそこまでストレスを感じる事もありませんよね?

お互いの趣味が合致すれば、休日お互いにする事は決まっています。
そこでお互いに楽しむ事ができればストレスを溜める事も無く、実に有意義な休日を過ごせてしまいます。

初めて出会った時、まず趣味の話しを振るの今後のために必要なことだったりします。
趣味が無い、というのは一見自由そうで何事にも染まりそうな感じがしますが、何事にも関心を示さないという意味でもありそうな気がします。

それにあまり公で言えないような趣味を持つ人もいます。
趣味なので他人からどうこう言われる筋合いはありません、自信を持って言いましょう。
はっきり自信を持って言うと案外人って納得してくれたりします。
もしかしたら相手も人に言えないような同じ趣味を持った人かもしれません。
それは可能性的にはあまり高いとは言えませんが、試してみる価値はいかほどか。




≫必見!メル友掲示板≪


出会に繋がるラインの上手な使い方

昔から通話というのは出会に繋がりやすいというのはよく言われていた。
ツーショットダイヤルくらいの時代からだよねたぶん。
いかにメールが素早く簡単なものになっても通話には叶わない。
何より感情が相手に伝わりやすいというのがいい。
人それぞれ喋り方に特徴だってあるわけで、しかし自分の言葉を文字にするとその喋る方の特徴というものは消えてしまうのだ。

出会掲示板というものがあって、その掲示板では主にラインを使ってやり取りする。
掲示板に書き込んでそれをみた人がラインに連絡をしてラインでやり取りするのだ。
ここで先の通話の話が絡んでくる。
出会掲示板で出会いが欲しければ通話を使わない手はない。
ラインでは通話は無料で行うことができる。
普通に電話回線で通話していたんではお金がかかりすぎてしまう。
しかしラインを使って通話すれば通話料を気にすることはない。
思う存分女の子といちゃこすることができるのだ。
ラインを上手に使いこなすことがネットで出会いを手に入れるのに肝心なようだ。

よくツイッターなどで軽薄な出会目的の人を揶揄して出会い厨などと呼んでいるが、何歳?どこ住み?ていうかラインやってる?なんていう台詞が流行るくらいで。
とりあえずラインは出会には欠かせないツールなのだ。
それを初めから使うことが確定している出会掲示板、出会に近いのも納得だ。
もちろんラインのメインの機能は文字でのやりとり、チャットの方だ。
しかしスマートフォンにしろガラケーにしろPCにしろ、文字を打つのは疲れる。
特に慣れていない人ほど疲れる。
言葉で言えば一秒やそこらで言えることも、文字で打とうとするとカタカタさすさすポチポチ時間がかかってしまう。
悠長なことをやっていると誰かと遊びたいという気持ちも萎えてしまう。
それをわかっている人ばかりなので出会い掲示板は通話希望の人が多い。
是非出会い掲示板を使うさいはラインを上手く使いこなしてほしい。
それが出会いへの早道だ。

よくぬけぬけと言える

出会い系よりもメル友サイトの方が出会える、
よくもぬけぬけとそういう事が言えるものだと
感心します。

実際は難しいですね。

普通にメル友を作るだけなら大丈夫ですか、
熟女出会い掲示板みたいな接し方はまず無理でしょうね。

出会い系みたいな出会いがしたかったら、
他の出会いサイトよりも出会える出会い系の方が
求めている出会いを得られると思います。

出会い系でメル友は無理ですからね、
メル友サイトはメル友を見つけるところです。

よく出会い系でメル友と作るとか眠い事言っていますが、
内部でしかメールをしない人と、
風俗業者とメールして何が楽しいのでしょうか。

会ってセックスをするだけの関係が出会い系です。

メールして関係が深まっていくのを実感したいのなら
メル友サイトで相手を見つけるか、
現実で誰かを見つけるかのどちらかになります。

エロメールが欲しいのであればサクラにでも。

色々と出会いサイトはありますが、
出来る事と出来ない事が結構限られています。

言ってしまったらすべて似たような事、ですけどね。
今メル友サイトなどで見かける顔写真は
ほとんど嘘写真です。

わざわざ自分の醜態を晒すような真似は誰もしないでしょう。
ということは、ほとんどの人は偽っているという事です。
写真の見た目と実際に会ったときは別人、
そう思うのも普通です。

だって別人になるように撮ったものなのですから。

別人になってなきゃおかしいんです。

という事なので、写真に写っている人と実際に会うであろう
相手は同じではありますが、まったくの別人です。

可愛いは誰にでも偽造できてしまうのです。

まぁ、ネット上のみだけですけどね。
言い換えるとネット上では
いくらでも可愛いは偽造できます。

角度ひとつで別人になりますからね、写真は。

メル友サイトなどではその写真ひとつで人を簡単に騙す
事ができます。

写真は冗談半分で見ておくべきですよ。
真に受けてしまうと余計な悲しみを背負う事になり、
後の人生に大きな精神的な障害をもたらすでしょう。
トラウマ、というやつです。

写真はその本人とは別物と考えた方が良いですね。

メル友の風情

ラインでやり取りをするなんていうのが当たり前になったからこそ、友達とメールでやり取りするっていうのは風情のあるような雰囲気になってきたような……。
ラインでやり取りするのはちょっと距離が近すぎますよね。
本来一人の時間であるプライベートはプライベートでもっといい意味で穴違い~彼女の姉にうっかり挿入になるべきだと思うんですよね。
実際、既読機能のせいで、ライン疲れなんていう言葉が生まれるくらいで。
ラインが流行っている今だからこそ、メールの出番です。
メールからラインに進化したような気がしますが実は違います。
手紙を電子化したものがメールなら会話を電子化したものがラインです。
ですから、メールのやり取りとラインのやり取りというのは厳密には似て非なるものなのです。
どうしてライン疲れなんていうものをしてしまうかというと、ラインは会話だからです。
手紙というのはこちらの都合で好きなときに返すことができます。
しかし会話というのはキャッチボールなので、受け取ったらすぐに返さなければいけません。
ですからラインというのは自分の時間が大きく侵食されてしまうのです。
一人でいる時間にまで相手と会話をしなくてはいけませんからこれは疲れるのも道理……。
しかしメールならば好きなタイミングで、むしろちょっとゆっくり目のスパンでもそれはそれで面白いものです。
メールならば一日一往復でもそれほどおかしな話ではありません。
でもラインならばこれは少なすぎる感じになってしまいます。
ですから、自分の時間を大切にしたいならば、メル友という関係にダウングレード、今だからこそ回帰してみるのはどうでしょうか。
結構メールっていうのも楽しいと思うんですよね。
少し長文くらいで一日一往復か二往復とかそんな感じで。
その方が風情がありますよ絶対。
風情も電子化の時代になってきたってことです。
時代の流れは不可逆ですけれど、回帰という前進なわけで。
たまにはちょっと一息、ラインから離れてメールに回帰してみては。

スマホ活用の掲示板

スマホ出会い掲示板なんていうものがあります。
それはスマートフォンを使うことで真価を発揮するのです。
今の出会い掲示板というのはほとんど、ラインやスカイプなどの友達募集や、通話相手募集の掲示板となっているわけですが、これがPCよりもスマートフォンの方が都合がよい。
PCよりもスマートフォンの方がこれらの掲示板を利用した場合出会える可能性が高いというわけなのです。
何故かといえば、その最大の理由はやはり、布団の中などでごろごろしながらいじれるというのが一番大きい理由でしょう。
人間一人ぼっちで寂しいともっとも感じるのがやはり夜、深夜ですから、その時間にかまってくれる人間を求めているわけです。
パソコンだとなかなか布団のなかでのやりとりをするなんていう風にはいきませんから、スマートフォンがここで頭一つ飛びだしたわけです。
寂しさを誤魔化すのにスマートフォンというのは塩梅がいいわけです。
掲示板を利用するのは若い世代が多いのです。
ですから、出会い掲示板なんていうのを利用すれば若者と出会う機会が多分に手にれられるというわけです。
スマートフォンを活用することで、PCだけで出会いを探すよりもより効率的に、素早く出会いを手に入れられるのです。
PCの十八番だったスカイプの無料通話も今やスマートフォンでも使えるようになってしまいました。
この無料通話なんていうのを利用して、眠い時にだらだらと甘えて通話しつつそのまま寝てしまうなんていうのが好きな女の子もよくいるわけで。
俺に言わせれば、なんとも心の弱い、一人になることを極度に恐れている滑稽な女の子としか映りませんが、しかしそういうのが出会いにつながるのです。
もし夜に手が空いているようなら、そういう女の子が狙い目です。
スマートフォンを持っているならば、そして出会いを探しているならば、オススメは出会い掲示板です。
出会い系サイトなんてものを使うよりも安く簡単に出会いが手に入るのですから。

だってフリメがあるから大丈夫

会える出会い系サイトへ一度登録してしまうと、
色々なところからメールが届く事になると思います。

他の出会い系からのお誘いだったり、
なにやら怪しいサイトへの登録案内、
またサクラからのアプローチメール等々、

たった一つのサイトに登録するだけで
日に何百通というメールが届くようになります。

冗談だと思いますよね、普通は。
本当に届きます。
たった一件に登録しただけで1日何百件です。
2つ、3つのサイトに登録したらどうなるでしょうか。

出会い系サイトへ登録するという事は
そういうメールと付き合って行かないとならないのです。

仕方ないですよね、
それが出会い系サイトへ登録するという事ですから。
メールを解除する方法ですが、
残念ながらありません。

だから登録の段階で手を打っておいた方が良いのです。

フリーメールを使おう、
というのはそういう事なのです。

だからどこも出会い系サイトへの登録はフリメで、
と言っているんですね。

これでまた1つ出会い系について詳しくなりました。
メールを全部みたいというのなら別に止めたりしません。
ネット上に多くの出会い系サイトがありますが、
昔ほどの勢いはありません。

それもそのはず、
今と昔ではネットでの出会い方が多種多様になっています。
昔は出会い系サイトぐらいしかありませんでしたが、
今はスマホやSNSなどがあり、
昔に比べてどこでも出会いが探せるようになったのです。

そんな中でユーザーを騙すためだけの出会い系サイトを
どこの物好きが利用するのでしょうか。
普通に考えたらただのドMです。

年々出会い系サイトを利用する
ユーザーの数が減っているのも納得です。
ゼロでないだけ奇跡だと思ってますけど。

普通に考えたら騙されるのを分かっていて、
何度も挑戦しないですよね。
でも未だに挑戦してしまっている人がいるんです。

その結果は今の出会い系サイトの環境を見れば
すぐに分かると思います。

今と昔では環境も大きく変わってきたのです。

環境に溶け込めないものはそのまま消えて行きます。
出会い系サイトも今のままでは消えてしまうのも
もう時間の問題かもしれません。

生まれたままの姿でライブチャット

普通のライブチャット無料で相手の女の子に対して
服を脱げ等の強要はできません。
が、自分が裸になってライブチャットをすることに
咎めは無いのです。

何食わぬ顔で裸でインしてくる男がいたら、
女の子も驚くでしょう。

それで紳士的であれば面白い人になります。

自分が裸になって相手に強要するのは違います。
そりゃ相手の女の子も嫌がるでしょうね。
そういう空気が読めないからライブチャットでないと
誰とも話せないんですよね。

裸でインするのネタだと思ってやること。
そこで相手の女の子に強要するのは違います。

あくまで冗談の一環だというのは念頭においてください。

女性の中には冗談だと分かってくれない人もいます。
まぁ、普通にライブチャットを利用したいだけなら
葉っぱでも良いので裸体は避けた方が無難です。

規約に利用者は裸になってはいけない、
みたいな記述が無ければ生まれたままの姿で
ライブチャットができたりします。

そのときは下はしっかりと隠しましょう。
出してしまうとそれはもう違うものになってしまいます。
ライブチャットで最も話しやすい相手は
開き直っているブスです。

ここで妙に可愛さとか意識しているのが一番モテない、
そんな感じはします。

あぁ? ブスだよ! なんか文句あっか!

と言うブスと。

ブスとか誰のこと?www

と言うブス。

どちらが絡みやすいでしょうか。
おそらく前者ではないでしょうか。
後者はイラつきすら覚えます。

女性としてある種悟った人達です。
自分はどうせモテないから、と開き直っている部分に
ある種可愛さがあったりします。

逆に自分がブスだと自覚していない人、
妙に意地になっている人、
もっと自分を解放しましょう。

色々な重荷が外れて
今までよりもっと人気モノになれると思います。

ライブチャットでもこういう女性が多いです。

私ブスじゃないから、
どこからどう見てもブスなのにブスじゃないと言う。
人生を思いっきり損していると思います。

そっちの方が男性の方も絡みやすいですし、
話しやすいです。

ブスと言われて、怒るのは当然です。
でもねちねちキレるのか、いきなり怒鳴り出すかで
その人のブスをどれだけ受け入れているのかが
分かります。

やり取りできるチャンス

禁断は~れむでの出会い探しができないわけではないです。
むしろ、今最も安定した出会い探し方法ではないでしょうか。

とは言っても先に出会い系というものがありました故に、
利用者の警戒心は結構高いです。
かつての出会い系みたいな出会い方はほぼ無理でしょう。

出会いを探すにも、実際に出会うにも、
相応のコミュニケーション能力というものが問われます。

どうしたら相手は安心して会ってくれるのか、
極論そこです。

相手から会っても良い、
という妥協点を貰うにはどうすれば良いのか分かります?

この部分は出会い系とそう大差ないかと思います。
そして、相手によって求める部分が違ってくるということ。

出会いたいのは確かです。
出会いが欲しいから利用しているわけですし、
ただの暇潰しなどと、
そんな無駄な時間の使い方をする物好きはいないでしょう。

実際に会うためのキーは相手にどれだけ信用されるか、です。

やり取りできるチャンスがスマホアプリにはあるので
そこをきっちりと活かしていきましょう。

今の若い人は、
ほとんどスマホで出会いを探しています。

出会い系を使っているのはそれよりも世代が中心、
今の若い人達は出会い系よりもスマホです。

出会い系がダメな場所だと分かっていて
わざわざそんな場所へ足を踏み込むわけが無いです。
それよりも比較的安全で、
出会えるアプリがあったらそっちを使うと思います。

私もそっちを使います。

とは言っても出会い系に比べて出会いやすいというだけで
めっちゃ会いやすいというところまでは行きません。

女性の警戒心は以前よりも増し増しになっていますし、
出会うにはそれなりのテクニックが必要です。

スマホでの出会い探しはそんなところになります。

出会い系のノリではまず無理でしょうね。
出会いを求める場所ではありますが、
出会いたいと思う相手でないと
相手も会いたいと思わないでしょう。

人として接するように心がければイケます。
クソみたいな相手もいると思います。
が、そういうのを我慢してこその出会いになります。

詐欺サイトの栄枯盛衰

諸行無常とは言うけれど、なかなか廃れない詐欺の無料出会い
そろそろ勢力が衰えてきてもいいはずなのに、未だに相当な売上があるのか、関係者が逮捕されると売上がだいたい何千万~何億。
どうしたらそんなに儲けられるんだろう。まったく内情は未知の世界だよ出会い系詐欺。
もう手口や手練手管、随分と一般人に周知されたと思うんだけれども、未だに迷惑メールはたくさんくるし……。
これクリックして本当にお金払っちゃう人がいるってことだもんね。
すっごいよね出会い系詐欺。いやすごいのは騙されちゃう人か。すごい思考回路。
普通に考えて見ず知らずのアドレスからの宣伝のメールもらって、お、ラッキー!
なんてならないよね。
しかもポルノ業界に半分足突っ込んでるような出会い系サイトで。
どう考えても危ないとおもうんだけど。広告だって普通の出会い系じゃないでしょ明らかに。
普通はこんなに露出度高くないでしょ!そんな広告みてどうして女の子と出会えると思えるやら不思議。
しかしこれから少しずつかもしれないけど詐欺サイトは衰えていくはず。
少なくとも今のシステムのサイトはだんだんと減るはず。
一般人が健全なサイトで出会うようになってきたから、あえてお金が発生しそうな不健全なサイトに手を出さなくなってきたってこと。
そもそも出会い系って色々事件が起きてたり、単純に広告バナーなんかも淫猥でお下劣!
そんなサイト普通の人は使わないよね。
某スマホのアプリゲームじゃないけど少数の重課金者によって支えられてるのかなぁ。
そうじゃなきゃあんなのが今でも勢力を保てるはずがないよね。
ほんとお金ってあるところにはあるよね……。
これからネットへのアクセスがどんどん当たり前になって公共の道路を渡るくらい当たり前に公共の電波でアクセスできるような世の中がくれば普通のSNSのようなサイトはもっと強くなって、詐欺の出会い系サイトは弱まるとは思うけど、こういうのはいたちごっこだからまた新たな形でよみがえるんだろうなあ。
やだやだ。人の、性欲という名の純情を弄ぶなんてまったく不埒なやつらだわ!

わざわざ使いにくい方を選ばなくても

一方的にメール占いの鑑定結果が送られてくるので、
その返事を受け入れるしかありません。

鑑定結果に対して質問が可能な場合もありますが、
それはサイトによって異なるのでなんとも。

勝手は非常に悪いです。

別に明日の晩ご飯は何にしたら良いでしょうか、
程度の内容であれば良いですが、
献立を決めるだけで数百円、
数千円は使いたくないですよね?

だったら初めから電話かチャット、
それか直接会いに行くかを選択した方が良いです。

どうしてわざわざ勝手の悪いメールを選ぶのか、
正直疑問に思います。

安いは安いですが、
特別安いというわけでもなく、
手間などを考えると多少高くても別の占い方法にした方が
良いのではというのが正直な意見になります。

メール占いの良さは分かっている人だけ
使えば良いと思います。
無理にわかる必要は無いですよ。

使いにくいと想ったら利用しなければ良いのです。

ほかに良い占い方法があるのに、
わざわざ勝手の悪いモノで占ってもらうことはないかと。

メール占いしてまともな鑑定結果が返ってくれば良いですが、
そうで無い場合、こちらから質問できない事も多く、
結局は望んだ答えと違うまま妥協するしかない、
なんていう事もあります。

文字制限がある中で知りたいことを知るって、
結構難しいですよね。

うまくまとめないと制限文字数以上になってしまい、
結局意味が読み取れなくなってしまい、
返事が非常に曖昧な鑑定結果でした。
なんて事もあるので、どうでも良い事を質問するとき
使うようにしましょう。

重要な事は電話か直接出向いて会うしかありません。

そんな制約ががちがちあるなら
メール占いなんてやらなければいいのに、
とは思います。

しかし占い業界もサバイバルです。
お金を稼げなくなってしまった時点で畳むしかないのです。

それが今の過酷な占い業界なのです。

ネットを使った方が稼げてしまう、
というのが公になり、利用する占い師も増えました。
そうやってネット占いはこれから栄えていくでしょう。

不倫は推奨されるべき

不倫はもっと推奨されるべきなのになんでこんなに叩かれるのだろうか。
石田純一は良いこと言ったよね。不倫は文化だなんて。
みんな不倫をすることで幸せになれるっていうことを石田純一はよく知ってたよね。
そもそも不倫なんていうのは太古の昔から行われてきた歴史ある伝統的行事なわけで。
源氏物語にだって不倫が出てくるんだらもう歴史がそれの有用性を証明している。
娯楽としての不倫であればそれはスリリングなスポーツの類だ。
不倫というのはバレるから悪いわけで、バレなければ誰も損はしない。
そもそもバレたところでガタガタ騒ぐほどの事ではない。
もし不倫をされていたとして、自分も不倫をしていればフェアではないだろうか。
もしお互いに不倫をしているのであれば先にバレた方が下手クソでもはや頭が上がることは一生ないだろうし、自分もしているのであれば相手を許す事もできる。
許された相手はもう一生相手に慈悲をいただいたという事実が付きまとい顔が上がることはない。
こうしてより高度に秘匿された不倫が洗練される。
家の外で不倫をやることで、家庭では安定して穏やかでいられるのだ。
鬱憤は不倫相手に発散する。それが家庭円満の秘訣である。
家庭に入るということはお互いの内面をあらわにしなくてはいけないということである。
もちろん全部ではない。プライベートな部分はある。
しかし夫婦というのは多くの部分を共有しなくてはいけなくなる。
そうなるとどうしても隠し事や言えない気持ちというのが出てくる。
これが蓄積するとそれが亀裂となり、だんだんと広がり心が離れていく。
しかし不倫をすることでこの気持ちをよそに吐き出す事で家庭では良妻良夫を演じることができるのである。
結局は不倫も使いようなのである。
ただし間違ってはいけないのは一番に愛しているのは妻、旦那でなくてはいけないということだ。
不倫相手に本気なるなどは不倫の中でも下の下。賎しい不倫である。
妻を、旦那を愛するために不倫は積極的にしよう。
どこの家庭も不倫をして、支え合って平和な世の中にしよう。

このページの先頭へ